人気キャラクターランキング!1位〜25位まで発表!

『プリズン・ブレイク』のシーズン1から4に出演している登場人物のなかで、人気のあるキャラクターは誰なのか?アメリカの映画・エンタメ業界を扱っている週刊誌「ハリウッド・リポーター(Hollywood Reporter)」が1位から25位までランキング形式で掲載していますので紹介してみたいと思います。

※物語の内容が含まれています

※参考: Hollywood Reporter(ランキング)



25位から1位のランキング!

25位 ソフィア・ルーゴ(Sofia Lugo)/ ダナイ・ガルシア(Danai Garcia)

シーズン3と4に登場した人物。

パナマの無法刑務所SONAに収監されているジェームズ・ウィスラーと恋人関係で、彼を心配して度々刑務所を訪れます。同じく刑務所に面会しに行っていたリンカーンとは徐々に親しくなり、最終的にはリンカーンJr.と共に保護されることになるのです。

あまり多くは出演してしませんが、その愛らしいルックスからかギリギリ25位にランクインしました!

 

24位 ジェイムズ・ウィスラー(James Whistler)/ クリス・バンス(Chris Vance)

シーズン3と4に登場した人物。

ソフィアの彼氏で長らくパナマの無法刑務所SONAで隠れていました。当初はただの漁師と言っていたのですが、実は裏でグレッチェン・モーガンや組織と関わっていたのです。スキュラ探しの手がかりとなるある重要な本を持っており、マイケルと共に刑務所を脱獄することになります。

そして、シーズン4でスキュラを奪いに来た組織の殺し屋に殺されてしまいます。

 

23位 リンカーン・バローズJr.(Lincoln Burrows Jr.)/ マーシャル・オールマン(Marshall Allman)

シーズン1から4に登場した人物。

リンカーン・バローズの一人息子で、父親が収監されて以来非行に走るようになり、逮捕されてしまいます。そして、父親リンカーンをおびき寄せるために、ケラーマンや組織から度々追われる羽目になります。シーズン3からはソフィアといることが多くなります。

 

22位 クリスティーナ・スコフィールド(Cristina Scofield)/ キャサリーン・クインラン(Kathleen Quinlan)

シーズン4に登場した人物。

だいぶ前に死んだと思われていたマイケルとリンカーンの母親で、彼女もマイケルと同じ天才でIQが高く、その代わりに遺伝性の脳の病気を抱えていたのです。

ずっと組織のもとへ働いていたのですが、その後は組織の最高機密であるスキュラを確保しようと実の息子とも戦うことになるのです。最後はサラ・タンクレディによって銃で撃たれて死んでしまいます。

 

21位 デイビッド・”トゥイーナー”・アポルスキス(David “Tweener” Apolskis)/ レーン・ガリソン (Lane Garrison)

シーズン1と2に登場した人物。

野球カードを盗んだことが原因で途中からフォックスリバー刑務所にやってきた囚人で、アボカドという大男と同じ房に入れられてしまいます。それが嫌で刑務官のべリックに度々マイケルらの情報を流していました。

マイケルのおかげで彼も刑務所から脱獄することに成功するのですが、ユタ州でFBI捜査官のマホーンに捕まってしまい、その後嘘をついたとして彼に銃殺されてしまうのです。

 

20位 ノーマン・”ルチェロ”・st.ジョン(Norman “Lechero” St. John)/ ロバート・ウィズダム(Robert Wisdom)

シーズン3に登場した人物。

パナマにある無法刑務所SONAを仕切っている人物で、当初は皆から恐れられていたのですが、次第にその権力を失うことになります。そして、そのまま居ては殺されてしまうため一度は刑務所から脱獄するのですが、マイケルに騙されて失敗。その後はティーバッグによって殺されてしまいます。

 

19位 ベロニカ・ドノバン(Veronica Donovan)/ ロビンタニー(Robin Tunney)

シーズン1と2に登場した人物。

リンカーンの元恋人で弁護士をしている彼女は、リンカーンの無実を証明すべく外部で色々と調査をするのですが、そこでシークレットサービスらに度々命を狙われる羽目になります。最終的には死んだとされるテレンス・ステッドマンの隠れ家を見つけるのですが、そこで閉じ込められてしまい不幸にも銃殺されてしまうのです。

 

18位 ドナルド・セルフ(Donald Self)/ マイケル・ラパポート(Michael Rapaport)

シーズン4に登場した人物。

自由と引き換えに組織のスキュラを奪う目的でマイケル達にチームを組ませた国土交通省の職員。スキュラ探しには積極的に協力するのですが、彼らがスキュラを確保したことがわかると直ぐに裏切り、高値で他の者へ売ろうとするのです。

 

17位 キャロライン・レイノルズ(Caroline Reynolds)/ パトリシア・ウェティグ(Patricia Wettig)

シーズン1と2に登場した人物。

アメリカ合衆国副大統領で組織に裏で操られており、リンカーンの死刑を執行するべく自分のシークレットサービスに悪事を働かせます。シーズン2では大統領が死んでしまい急遽大統領に就任するのですが、組織とマイケルの両方から脅され結局辞任することに決めるのです。

 

16位 ウィリアム・キム(William Kim)/ レギー・リー(Reggie Lee)

シーズン2に登場した人物。

組織の人間でマイケルとリンカーンを捕らえるべくFBIの捜査官マホーンにあれこれ指示を出します。組織のトップである将軍とも話せる立場にあり、自ら現地へ赴くこともあるのですが、汚れ仕事はあまりやろうとしません。

最終的にはマイケル達をボートに追い詰めるのですが、サラによって銃で殺されてしまいます。

 

15位 将軍(The General)/ レオン・ラッサム(Leon Russom)

シーズン2から4に登場した人物。

組織のトップで、本部であれこれ部下に指示を出しています。マイケルらに最高機密であるスキュラを奪われてしまうものの、ティーバッグらを味方につけてマイケルからスキュラを奪い返そうとします。

最後はティーバッグと同じ刑務所で服役しており、死刑のため電気椅子に座っていました。

 

14位 ヘンリー・ポープ(Henry Pope)/ ステイシー・キーチ(Stacy Keach)

シーズン1と2に登場した人物。

フォックスリバー刑務所の所長で、妻へ模型をプレゼントするためにマイケルに特別に模型を作る時間を与えていました。その結果、マイケルに裏切られて脱獄する時間を与えてしまったのです。

マイケル達が脱獄した後、ベリックと共に解雇されてしまいますが、マイケルらに助けてほしいと頼まれ一度だけ協力することになるのです。

 

13位 チャールズ・ウェストモアーランド(Charles Westmoreland)/ ムゼ・ワトソン(Muse Watson)

シーズン1に登場した人物。

昔500万ドルを持って飛行機から飛び降りたD.B.クーパー事件を起こした張本人。刑務所ではもっとも長くいる受刑者で特別に猫を飼っています。当初はマイケルからの脱獄の誘いを断っていたのですが、娘のことを想い急遽脱獄に参加することに。

作業小屋の穴がベリックに見つかった時には彼ともみ合いにとなり、お腹をガラスの破片で切ってしまいます。脱獄まであと一歩のところでマイケルに大金の在り処を伝えて、診療所で死んでしまうのです。

 

12位 チャールズ・”ヘイワイヤー”・パトシック(Charles “Haywire” Patoshik)/ シラス・ウィアー・ミッチェル(Silas Weir Mitchell)

シーズン1と2に登場した人物。

フォックスリバー刑務所の精神科病棟の囚人。一時期はマイケルと同じ房にやってきて、彼のタトゥーが脱獄の道だと突き止めるのですが、マイケルによって再び精神科病棟へと送られてしまうのです。

彼も一応マイケルらと脱獄することに成功するのですが、早々と皆に裏切られ一人置き去りにされてしまいます。その後はあちこち転々とするのですが、FBIのマホーンに追い詰められ高台から自殺することになるのです。

 

11位 ブラッド・ベリック(Brad Bellick)/ ウェイド・ウィリアムズ(Wade Williams)

シーズン1から4に登場した人物。

フォックスリバー刑務所の刑務長で、所内ではかなり幅を利かせています。入所早々からマイケルに目をつけており、所長に気に入られているマイケルのことがどうも気に食わない様子。

脱獄前に作業小屋の穴を見つけるものの、ウェストモアーランドに手足と口をテープで封じられてしまい、穴の下で動けずじまいになってしまいます。

脱獄後は彼らの捜索を頑張るのですが、元同僚に色々とチクられて刑務所をクビになってしまいます。その後は大金を探すべく行動し、シーズン3ではパナマの刑務所SONAに収監。シーズン4ではマイケルらと共にスキュラを探すのですが、その過程で自らの命を犠牲にして死んでしまいます。

なんとも憎めないこのベリックは、個人的なランキングではもっと上位なのですが、残念ながら10位以内に入ることができませんでした。

 

10位 ジョン・アブルッチ(John Abruzzi)/ ピーター・ストーメアー(Peter Stormare)

シーズン1と2に登場した人物。

アブルッチマフィアのボスで、彼を告発した元従業員のフィバナッチを知っているマイケルと共に脱獄しようとします。一度はティーバッグによって首を剃刀で切られて病院へと運ばれるのですが、彼は戻ってきて再び脱獄チームに参加。

脱獄後は自分の家族の元へ戻るのですが、結局嵌められてしまいFBIのマホーンらに追い詰められてしまいます。

ギリギリトップ10に入ったのはマフィアのボスです。ティーバッグにやられて刑務所に戻ってきてからは「神が私を助けてくれた。人生をやり直す」的なことを言っていたのですが、やっぱり根は変わらず悪でしたね。

 

9位 グレッチェン・モーガン(Gretchen Morgan)/ ジョディ・リン・オキーフ(Jodi Lyn O’Keefe)

シーズン3と4に登場した人物。

組織の手先であるグレッチェンは、パナマの刑務所SONAに隠れており重要な本を持っているジェームズ・ウィスラーを脱獄させるよう、サラとLJを誘拐してリンカーンを脅します。

シーズン4ではスキュラを手に入れるべくティーバッグやドナルド・セルフと組むのですが、その過程で警察に捕まってしまい刑務所で服役する羽目に。ファイナルブレイクでは、サラと同じ刑務所に入っており、最後彼女が脱獄できるように協力することになります。

 

8位 ベンジャミン・”シーノート”・フランクリン(Benjamin “C-Note” Franklin)/ ロックモンド・ダンバー(Rockmond Dunbar)

シーズン1から4に登場した人物。

家族想いのシーノートが8位にランクイン!

元々はアメリカ陸軍としてイラクに派遣されており、そこで上官に嵌められて服役する羽目になってしまいました。刑務所内では調達屋としてマイケルに薬を渡したりしますが、彼が裏でこそこそ動いているのを見つけ、脱獄メンバーに加えてもらうことになるのです。

脱獄後は家族のもとへ戻るのですが、マホーンらFBIに捕まってしまいます。しかし、取引をして自由の身にしてもらい、シーズン4の最後にはマイケルとポール・ケラーマンを繋ぐ役割をするのです。

 

7位 アレクサンダー・マホーン(Alexander Mahone)/ ウィリアム・フィクナー(William Fichtner)

シーズン2から4に登場した人物。

FBIの敏腕捜査官で、脱獄したフォックスリバー8の捜索に全力を尽くします。当初は組織らに雇われていたのですが、次第に精神不安定になりシーズン3ではパナマの刑務所SONAに入れられてしまいます。結局マイケルと一緒に脱獄し、彼らとスキュラ探しに協力することに。

そして、ファイナルブレイクでもサラを脱獄させるためにマイケルらに協力して色々動いてくれるのです。

マホーンは日本では人気が高く、おそらく3位以内にランクインしていてもおかしくないのでは??本国アメリカではそこそこの人気のようです!

新作シーズン5に出演しないのはちょっと残念ですね…。シーズン6に期待しましょう!

 

6位 ポール・ケラーマン(Paul Kellerman)/ ポール・アデルスタイン(Paul Adelstein)

シーズン1から4に登場した人物。

元々は副大統領のシークレットサービスとして、リンカーンを死刑にするために様々な悪事を働いてきました。裏切られたと悟と急にマイケル達に協力し出すのです。

シーズン4では、マイケル達が持っているスキュラを国連に渡す代わりに彼らに自由を与えるのです。そして、その後は議員になったようです。

マホーンよりも上位にランクインしたケラーマン!

彼もシーズン5にはマイケルの敵(?)として登場するそうですので、再び彼の姿が見れるのは楽しみですね。

 

5位 サラ・タンクレディ(Sara Tancredi)/ サラ・ウェイン・キャリーズ(Sarah Wayne Callies)

シーズン1と2と4に登場した人物。

フォックスリバー刑務所の女医で、定期的に診療室を訪れるマイケルと恋に落ちてしまいます。そして、マイケルに脱獄に協力してくれと頼まれ、熟考した末協力することに。

その後は父上の所持品を持っていると思われ命を狙われる羽目になりますが、マイケルと再会してやり直そうとするのです。

シーズン3ではグレッチェンによって誘拐されてしまい、その後逃げ出します。シーズン4ではマイケルらとスキュラを見つけるために奮闘し、最終的に自由の身になるのです。

しかし、マイケルの母親クリスティーナを殺した罪で急遽刑務所に収監。マイケルらが脱獄作戦を実行してくれて共に脱獄するのですが、最後マイケルが自らの命を犠牲にして脱獄させてくれます。

マイケルの妻サラは堂々の5位でした!

 

4位 フェルナンド・スクレ(Fernando Sucre)/ アマウリー・ノラスコ(Amaury Nolasco)

シーズンに登場した人物。

フォックスリバー刑務所でマイケルと同房だったことから、脱獄計画に加わることになります。マイケルの良き理解者で、常に彼を助けてくれる非常にいい奴。ずっと恋人マリクルーズのことを溺愛しています。彼も最終的に国連やポール・ケラーマンとマイケルを繋ぐために動き、自由の身になるのです。

スクレはとってもいい奴ですので、彼のことを好きな人は結構多いのではないでしょうか??

彼も堂々の4位ランクインです!

 

3位 リンカーン・バローズ(Lincoln Burrows)/ ドミニク・パーセル(Dominic Purcell)

シーズン1から4に登場した人物。

彼の父親を探し出すために、組織や副大統領に嵌められてフォックスリバー刑務所の死刑囚として収監されています。度重なる困難にも関わらず、弟のマイケルと共に脱獄することに成功。その後は黒幕を暴こうと動き回ることになります。

シーズン3ではマイケル脱獄を外部から支援し、シーズン4ではスキュラを探し出し自由を手にすることに成功するのです。

お兄ちゃんがトップ3入りしました!

 

2位 マイケル・スコフィールド(Michael Scofield)/ ウェントワース・ミラー(Wentworth Miller)

シーズン1から4に登場した人物。

フォックスリバー刑務所で服役している兄リンカーンを助け出すために、自ら刑務所に飛び込みます。過去に建築設計に携わったことや自身の高いIQを駆使して、完璧なプランで無事脱獄することに成功するのです。

その後は計画通り大金を持って国境を越えるはずだったのですが、邪魔が入り結局はパナマの無法刑務所SONAへと入れられ、そこでも脱獄することに。

本物の自由を手にするために、組織の機密情報が詰まったスキュラ探しに奮闘することになるのです。ファイナルブレイクでは妻のサラを脱獄させようとするのですが、最後扉が開かず自らの命を犠牲にして彼女を脱獄させるのです。

1位と2位で意見がわかれるところ。

惜しくも1位を逃してしまった天使のマイケルちゃん!彼をこう呼んでいる人物に1位の座を奪われてしまいました。。。

 

1位 セオドア・”ティーバッグ”・バッグウェル(Theodore “T-Bag” Bagwell)/ ロバート・ネッパー(Robert Knepper)

シーズン1から4に登場した人物。

第1級殺人を何度も犯してフォックスリバーに収監されており、差別主義者で変態野郎。最初からマイケルに嫌悪感を抱いているものの、なんとか脱獄メンバーに加えてもらうことに。

脱獄後もマイケルらを騙して大金を持ち去り、一度も捕まることなく逃げ回っていました。シーズン3でパナマの刑務所SONAに収監されるものの、すぐにボスのルチェロの媚を売り生き延びます。

シーズン4では彼もスキュラを探しますが、最終的にマイケルらの賛成多数で刑務所へと送り戻されてしまうのです。

堂々の1位に輝いたのは、危険な目に遭いながらもしぶとく生き残っているティーバッグ!

主人公のマイケルを抑えての1位です!

彼もシーズン5には登場しますのでとても楽しみです。

 

ランキング1位はティーバッグでした!!!

25位から1位まで紹介してきましたけど、結果はいかがだったでしょうか?

1位はやっぱり悪名高いティーバッグでした!!!

日本では主人公のマイケルやFBI捜査官のマホーンのほうが人気があるようですが、私個人的なNo.1はこのティーバッグですね。言うことやること全てが面白いですし、吹き替えでも字幕でも十分楽しめます!

4月10日(月)夜9時から放送される新作シーズン5に出演するオリジナルメンバーは7人とも10位以内に入っていました。彼らが全員戻ってくるということで本当に新作が楽しみです!