シーズン5第6話の内容と感想!第7話の予告編も!

『プリズン・ブレイク』シーズン5の第6話「砂漠の果て」が放送されました!

ファンにとっては残念ですが、今回のシーズン5はもう残りあと3話となってしまいました。

あまりにもここまでの内容が濃かったため、「え??もう終わっちゃうの???」「あと3話で全て完結するの?」といった感じですが、物語のほうもそろそろ終盤を迎えてしまいます。全9話あるうちの第8話では泣けるシーンがあるそうで、ある重要なオリジナルメンバーが死んでしまうのでは?なんて噂されています。

そろそろクライマックスに向けての展開になってくるのです。

今回放送された第6話では、マイケル達がひたすら逃げまくる様子が描かれており、アメリカにいるサラやティーバッグは登場せず、ほとんどがイエメンでの出来事でした。

とりわけ大きなサプライズがあったわけではなく、最後「マイケルは一体どうなっちゃうの?」という場面で終わってしまい、次回第8話では、彼の容体がどうなってしまうのか非常に気になるところです。



前回、第5話の簡単な復習

アブ・ラマールを殺した結果、過激派に命を狙われることになってしまったマイケル達。

彼らは過激派に見つからないように街中を逃げ回り、マイケルの出国計画である北の国境を目指すために列車に乗ろうと駅へ向かいます。

しかし、そこで惜しくも列車に乗ることは失敗。

リンカーンは当初から、空港でシーノートらと合流して飛行機で出国することを主張していましたがそれをマイケルは拒否し、あくまで北の国境を目指そうとしています。

車を盗んで北を目指すものの、過激派のサイクロプスらに追跡されており、ある建物へと逃げ込みことに。しかし、その建物からは裏口などはなく閉じ込められてしまうのです。結局、ジャがアルコールを床にまき敵を引きつけ、彼らを一掃することに成功。

考えを改めたマイケルは、ついに空港に行くことを決めるのですが、生きていたサイクロプスがマイケル達を銃撃し、シドが被弾してしまい命を落としてしまうことになります。しかし、悲しんでいる暇もなく、急いで空港へ向かうことになるのです。

一方、ついに過激派がやってきてしまった空港では、シーノートらがパイロットを捕まえて古いプロペラ機で出国しようとしていました。ところが、マイケル達が到着する前に見つかることを恐れたパイロットが、離陸準備をして滑走路へと向かってしまいます。

飛行機が滑走し始めている時に、ようやく空港に到着したマイケル達。しかし、リンカーンはシーノートに先に出国するよう促し、シーノートらは無事に離陸することに成功したのです。

そして、出国への切符を失ったマイケル達は、別の方法で出国することになってしまったのです…

アメリカでは、ティーバッグから「ポセイドンの手下がジェイコブと密会していた」と報告を受けたサラは、夫と距離を置くようになります。

しかし、ジェイコブは「家族を想って、解決しようと会いに行った」と主張。そして、彼は大金を餌にして警察と連携し、A&Wとバン・ゴッホの2人を捕まえることに成功したと言うのです…。

第5話の詳しい内容は以下から

『プリズン・ブレイク』シーズン5 第5話 内容

 

第6話の簡単な内容

今回の第6話では、マイケル達がひたすら砂漠の中を過激派に追われながら移動し、港町ファイーシャにたどり着くまでの過程が描かれていました。また、アメリカではA&Wとバン・ゴッホらがマイケルの殺害を試みるも失敗。マイケルの通信相手である「ブルー・ハワイ」というある男を尋ねるのでした。

列車で北の国境を目指すことも飛行機で出国することもできず、出国する手段がなくなってしまったマイケル達は、街のある建物に潜んでいました。シバのアドバイスのもと、オマーに協力を頼み、彼と共に西海岸にある小さな街ファイーシャへと向かうことにしたのです。

一方、ポセイドンの手下達(A&Wとバン・ゴッホ)はNSAに行き、マイケル達をドローンを使って上空から監視することになります。そして、バン・ゴッホは密かに過激派の一人に連絡し、マイケル達の居所を教えてしまうのです。

マイケル達がガソリンスタンドで燃料を補給していると、居場所を聞いた過激派が現れていきなり銃弾の嵐となります。リンカーン達は銃はあるものの弾は1発しかなく、応戦することができません。しかし、ウィップはタンクローリーに向けてその1発を撃ち、大爆発を起こして彼らを一掃することに成功したのです。

マイケルはその最中、ガソリンスタンドの中でブルー・ハワイと呼ばれる相手とネット電話をしており、自分の手のひらの画像を相手に撮らせます。

過激派を一掃したのも束の間、サイプロプス(片目の過激派)がやってきます。

そこからはマイケル達とサイクロプスの砂漠レース。

マイケルと残りの3人は別々の車に乗って、マイケルはサイクロプスを引きつけ、残りの3人はその隙に港街へと先に向かうことになるのです。

リンカーンらは無事に港町へ到着したものの、夜になってもマイケルが来ません。マイケルは途中でサイクロプスと乱闘になり、彼の目にナイフを突き刺すことに成功したのですが、マイケル自身もお腹を切られてしまい致命傷を負うことに。

リンカーンは夜に打ち上げ花火を上げて、マイケルにサインを送ったのです。

マイケルは夜の砂漠を歩いて移動していたのですが、疲れ果てて砂漠に横たわってしまいます。しかし、リンカーンらが打ち上げた花火が見て、なんとか港町へとたどり着けました。

ところが、マイケルは毒のついたナイフでお腹を切られており、医者が必要だと主張。しかし、この街には医者が一人もいなかったのです…。

果たしてリンカーンは危険な容体のマイケルをどうやって救うのでしょうか?

第6話の詳しい内容は以下から!

『プリズン・ブレイク』シーズン5 第6話 内容

 

第6話の感想

これまでのエピソードと比べると少しトーンが落ちた感じでしたね。

とくに大きなサプライズもなく、ただひたすら追っ手から逃げる様子が描かれていました。

最後、マイケルが致命的な傷を負ってしまい、今後マイケルの命は一体どうなってしまうのか気になる終わり方でした。医者がいないということで、この難局をどうやって乗り越えるのか次回に期待です!

 

オマーの嘘と死

シバのアドバイスをしっかり聞いていたリンカーン!

彼らは最後の選択肢としてオマーを頼ることになりました。

彼はすんなりマイケル達に行き先を教えるものの、なぜかマイケル達を嵌めたのです。まさか戻ってくることは思わなかったのでしょう。早く立ち去れば良かったのですが、予想外なことにマイケル達が戻ってきてしまいました。

悪い奴なのかと思いきや、結構いい奴でしたね。港町の子供のために花火や物資を運んでいたり…。

死んでしまったのは残念でしたが、なかなか愛らしいキャラクターでした。

 

港町ファイーシャ

オマーが教えてくれた小さな港町。

過激派の姿もなく、子供たちが賑やかに遊んでいる非常にいい街です♪

医者がいないというのは残念ですが、マイケルはここで安静をとるのでしょうか?それとも急いでボートに乗って出国することを選ぶのでしょうか??

 

ヘンリー・キシダと21-ボイド

ポセイドンの手下2人と繋がっており、何かを隠しているヘンリー・キシダ。

部下はCIA内部の21-ボイドについて探ろうとしていますが、彼はそれを隠しています。

結局、ポセイドンとは誰なのか?

また、サラの夫ジェイコブは白なのか黒なのか?

このポセイドン絡みに関してもまだまだわかっていないことがありますし、エピソード自体もあと3話だけですので、そろそろ判明してくるのではないでしょうか??

 

シバとリンカーンはいい関係♪

無事に出国したシバから連絡を受けるリンカーン。

この2人はかなりいい関係ですね。

帰国したらどのような再会が待っているのでしょうか?(お互い無事に帰国できれば)

交際にまで発展するのでしょうか?今後に期待です。

絶対にシバのほうは好きだと思うんですけどね ^ – ^

 

マイケルの致命傷

サイクロプスの反撃でやられてしまったマイケル。

しかも、毒が体内に入ってしまい結構致命的になってしまいました。

おまけに小さな街なので、医者が一人もいないという…。

まさかこんなところで死んでしまうとは思いませんが、一体誰がどのようにして彼の傷を治すのでしょうか??

これはあくまで予告編などを見た推測ですが、サラは元々医者ですし、次回マイケルと再会を果たすそうですので、もしかしたらサラを呼んで彼女が手当をするのかもしれません。

 

最後まで可哀想なサイクロプス

やっぱり残りの片目も潰されてしまいましたね。。。

しかも、マイケルにナイフを刺されるというグロテスクな光景でした。

今回も過激派のリーダーみたいな奴に除け者にされていましたし、名誉挽回でなかなかしつこく追いかけてきたものの、最期があんな感じです…。

殺されたシーンが映っていなかったので、ひょっとするとまだ生きているかもしれませんが、これ以上は恐らく登場しないでしょう!両目ともないわけですから。

リンカーンやマイケルにボコボコに殴られ、最後は大事な片目を潰されてしまうという…なんとも可哀想な奴でした。

個人的にはなかなか好きでしたけどね 笑

 

マイケルが連絡したブルー・ハワイ

またおかしな人物が登場してきましたね〜

マイケルがガソリンスタンドでネットを通して連絡を取った男。ブルー・ハワイ!

もちろん本名ではないと思いますが、彼は一体誰なのでしょうか?

不気味すぎて、A&Wとバン・ゴッホも少し戸惑っていましたけど…。

この名前もなかなかイケてますし、何より『プリズン・ブレイク』らしい変人の登場です!

 

全体のまとめと次回はどんな感じ?

冒頭でも書いたように、今回のエピソードは少し控えめに感じました。

本当に今回はマイケル達の逃走劇がメインで、それ以外はあまり描かれていませんでした…。

まぁまぁ面白かったですし、とにかく次回に繋がる/期待を持たせるような終わり方でしたので、繋ぎのエピソードと割り切れば楽しめましたね!

ただ、愛らしいキャラクターが死んでいってしまうのは悲しいです。ネット上ではいつかオリジナルキャラクターが死んでしまうと言われていますので、毎回誰が死んでしまうのかドキドキです!

次回の大きな見どころとなるのは、やっぱりファン待望のマイケルとサラの再会

そして、スクレの登場ではないでしょうか?

クライマックスに向けてより一層面白くなってきそうですので、早くも第7話が楽しみです♪

 

第6話「砂漠の果て」の感想 / 評価は?(誰でも投票可!)

View Results

Loading ... Loading ...



次回、第7話の予告編

次回はさらに面白そうなエピソードになりそうですね〜!

ついに待ちに待ったマイケルとサラの再会です!!!

この2人の再会を楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか?

まだマイケル達がアメリカへ戻ってきた感じではないので、恐らく港町か、それともボートで移動した先でサラと再会するものだと思われます。おまけにサラは元々医者ですので、マイケルを助けることができる唯一の人かもしれません!

さらに、予告編ではあのスクレも登場していますので、第1話ぶりに彼の姿を見ることができます!

次回は本当に面白そうですよ!!

 

第7話のプロモーショナル写真

 

第6話の視聴(見逃し配信)

シーズン5第6話「砂漠の果て」は、動画配信サイトのHuludTV5月16日(火)から 6月4日(日)まで「見逃し配信」されますので、是非この期間内に視聴しましょう!

6月4日以降は動画配信サイトのU-NEXTで引き続き視聴することができます!(1話216円での購入)

また、U-NEXTではこれまでの第1話や第2話など、HuluやdTVで配信が終了してしまったエピソードも視聴することができますので、過去のエピソードを観たい方はそちらの登録がお勧めです。