『プリズン・ブレイク』新作シーズン5の撮影が終了!

『プリズン・ブレイク』新作シーズン5の撮影は4月7日にカナダのバンクーバーで始まりましたが、ようやく2ヶ月半続いた撮影は昨日6月19日に終了したようです。

今回の撮影はカナダのバンクーバーとモロッコのカサブランカ(Casablanca)、ラバト(Rabat)、ワルザザート(Ouarzazate)という3つの都市で撮影が行われていました。途中、モロッコでの撮影中の事故によりリンカーン役を演じる俳優ドミニク・パーセルが重症を負いましたが、怪我をしたとは思えないくらい早い回復力で撮影に復帰し、なんとか撮影を終えました。

これまでのオリジナルシーズンは主にアメリカでの撮影がほとんどでしたが、今回は物語の内容的にも今現実の世界で問題となっている「テロリズム」などを扱っているため、撮影は中東イエメンという設定で実際にはアフリカにあるモロッコで撮影されました。

イエメンではなくモロッコで撮影された理由としては、これまで映画などの撮影で使われてきた有名な撮影スタジオがモロッコにはあり、わざわざイエメンへ行かなくても十分イエメン(中東)の街並みを描けるというものです。後は、イエメン周辺はあまり治安が良くなく、いつ本当のテロが起こってもおかしくなく、恐らく撮影許可などの面でもなかなか厳しかったのだと思います。

 

全部で9エピソードとなるシーズン5ですが、撮影は全て終了したということで、これからは撮影した素材を使って編集に入ります。元となる撮影はもちろん大事ですが、この「編集」という作業もとても大事なもので、面白さなどを引き立たせるためには欠かせない作業になります。作品の運命を握っていると言っても過言ではないため、是非素晴らしい編集に期待したいところですね。

 

スポンサーリンク

関連記事