新作シーズン5でのサラ・タンクレディ

オリジナルキャスト

スポンサーリンク

2017年の春(1月頃?)にアメリカで放送が予定されている『プリズン・ブレイク』の新作シーズン5にはオリジナルメンバーが7人登場しますが、今回はその中で主人公マイケル・スコフィールドの元妻でもあるサラ・タンクレディ(演 サラ・ウェイン・キャリーズ)の新作について今現在分かっていることを紹介したいと思います。

 

 

名前が変わる!?

女優サラ・ウェイン・キャリーズがこれまで演じてきたサラ・タンクレディですが、新作シーズン5からは名前が変わって「サラ・スコフィールド」になるのではないかと言われています。

そもそも彼らはすでに結婚していて息子もいるので、名前が変わっていても全然不思議ではありません。さらに、サラ・ウェイン・キャリーズのSNS(Instagram)で彼女自身が「#sarascofield」というハッシュタグを付けてサラの顔写真と共に投稿しているのをみると、恐らく新作では本当に名前が変わるのだと思います。

 

マイケルの生存を聞かされる

予告編からも分かるように、物語の最初の方ではマイケルの生存を知ったリンカーンがサラのもとを訪ねてその事実を伝えます。そして、それが本当に事実なのか?本当にマイケルが生きているのか?それらを確かめるためにマイケル救出に向けて動き始めるのです。

初めてマイケルが生きていると聞いた時の彼女の反応はどんなものなのでしょうか??

すぐに会いたいと思うのでしょうか!?

それとも、なぜ生存を知らせてくれなかったのかと不思議に思うのでしょうか?

その辺りは新作を見てのお楽しみです。

 

すでに再婚している!

驚くべきことに、マイケルは死んだと思っているサラはすでにコーネル大学経済学の教授であるスコット・ネス(ジェイコブ)と呼ばれる男と再婚しており、息子のマイケルJr.と三人で生活しています。

新作ではマイケルが生きていることをリンカーンから知らされ、すでに再婚しているサラはどのような感情を抱くのか、もしマイケルが戻ってきたらどうなるのか、さらに再婚相手のスコット・ネス(ジェイコブ)とはどのような三角関係が描かれるのかが見所となっています。

 

マイケルとの対面

マイケルが姿を消してしまった後は、サラが一人で息子のマイケルJr.を育てました。

今回の新作はイエメンの刑務所を脱獄するだけでなく、イエメンの国自体も出国しなければなりません。そして、もし無事にマイケルが母国へ戻ってきたとしてもサラはどんな顔をして再会するのでしょうか?また、息子マイケルJr.と初対面のマイケルとの関係はどうなるのでしょうか?

そこが新作の恐らくクライマックスになると思いますので、今からとても楽しみです。

スポンサーリンク