『プリズン・ブレイク』シーズン5 第7話 内容

©FOX

※物語の内容が含まれています



第7話「再会(Wine-Dark Sea)」のあらすじ

サラはマイケルが死を偽装した本当の理由に気付いた時、家族の安全を恐れるようになります。

一方、マイケルとリンカーンはスクレを助けを借りて、母国アメリカまでの帰国方法を探ろうとしていたのです。そしてポセイドンの本当の正体が明らかになります。

 

第7話のプロモーショナル写真

 

第7話の予告編

 

第7話の一部映像

 

 

 

 

第7話の内容

港町にいるマイケル達。

ジャによれば、ある男のボートでギリシャまで連れて行ってくれると言っているそう!そこには医者もいると。

リンカーンはサラに電話をします。

マイケルの現状を伝えると、サラはマイケルには輸血が必要だと言います。

そして、マイケルの血液型はBマイナスで、おそらくギリシャには人口の1%しかいないため、探している間に死んでしまうかもと。

サラは夫のジェイコブに「マイケルを見つけたそうだけど、毒に侵されている。私も彼と同じ血液型で、マイケルを助けることができる唯一の人物かもしれない」と言い、ギリシャのクレタ島へ向かうことを伝えます。

ジェイコブは渋々納得した様子。

ボートに乗り込むマイケル達ですが、ジャは町が気に入ったようで、ここで暮らしたいと言ってマイケル達に別れを告げます。

そして、マイケル達を乗せたボートはギリシャのクレタ島へ向けて出発するのです。

一方のサラも、身支度をして直ぐさまギリシャへの飛行機へ飛び乗ることになるのです。

バン・ゴッホとA&Wの会話。

問題が発生。昨日NSAを訪れてから、国務省が「21-ボイド」について聞きたがっているらしく、この後会う約束を取り付けてきたとか。A&Wはポセイドンが全て後片付けをしているから、心配しなくて大丈夫だと言います。

サラはギリシャのクレタ島にある空港に無事到着。

タクシーに乗って待ち合わせ場所へと向かいます。

ボートを操縦してくれた男がいつも使っているという部屋へやってきたマイケル達。

ウィップは意識がないマイケルに対して、「俺に話すべきことがまだ沢山あるだろ?」「まだ死なないだろ?」などと言って励ましています。

アメリカではお留守番をしている息子のマイクが、庭でドローンを飛ばして遊んでいます。

しかし、直ぐにドローンが木々に当たって墜落してしまいます。

庭では父親のジェイコブがPCをいじっています。

ドローンを拾いに行くマイクですが、見つけて拾おうとした瞬間に何者かがマイクを誘拐していってしまうのです。

そんな息子マイクの夢を見たのか、マイケルは急に目を覚まします。

すると、ちょうどそこに元妻であるサラがやってきたのです!

「まずは治療してから話そう!」というサラ。

そして、サラは自身のO型のマイナスの血をマイケルに輸血することになるのです。

サラによれば、どうやら数時間でマイケルは回復するそう。

部屋の外で待っているリンカーンとウィップ。

アメリカへ戻るには今までの小さなボートでは無理で、飛行機を使うのも無理だと。そして、大西洋を横切るには、大きな船や貨物船が必要だと言うウィップ。

リンカーンは何か良いアイディアが浮かんだ様子です…。

ヘンリー・キシダに呼ばれたポセイドンの手下達。

彼は「CIAに許可されていないのに、なぜNSAに行った?」「CIAは誰もお前達のことを知らない」「誰のために働いている?なぜカニエル・オウティスを殺したがる?」と2人に質問するのです。

NSAに行っていないと主張する2人に対して、ヘンリー・キシダは「NSAの職員から行った証拠となる写真を手に入れた」と言って写真を2人に見せるのです。

マイケルとサラの会話。

マイケルは「知りたい事があるなら何でも答える」と言い、続けて「まずは息子の写真を見せてくれ」とサラに頼みます。そして、息子の写真を見て笑みを浮かべるマイケル。

しかし、スマホを横にスライドすると、サラとジェイコブが写っている写真が表示され、それを見たマイケルは急に顔色を変えたのです。

そして、A&Wはホルスターから銃を抜き、目の前でヘンリー・キシダの額に向けて弾丸を撃ち込みます。

マイケルは起き上がって、スマホを見ながら「彼だ!」と一言。

マイケルは「君の夫…」と言います。

そして、サラは「ジェイコブ…」と返すのです。

ヘンリー・キシダと手下2人の元へやってきた一人の男。

ゆっくり彼のスマホを拾い上げます。

その男はなんとジェイコブ!

そして、マイケルは一言「ジェイコブがポセイドンだ!」と衝撃の事実を口にするのです。

サラは「彼は本当は誰なの?」と問うと、マイケルは「CIAの工作員で、僕のスキルを欲しがっていて脅してきた。君(サラ)やリンカーンを危険な目に晒すと。そして死を偽装させられた」と答えます。

サラは「なぜ今戻ってきたの?」と聞くと、マイケルは「4年前、彼に裏切られたからだ」と言います。続けてマイケルは「なぜ4年前裏切ったのか今わかった。君がいたから僕を遠ざけようとしたんだ」と言うのです。

ポセイドンの裏切りについて・・・

CIAの副長官ハーラン・ゲインズは「21-ボイド」を調査しており、裏切り者を探していたそう。(その時、自分がやっていることは正式にCIAに許可されたものではないのだとマイケルは知ったようです)

そして、ポセイドン(ジェイコブ)は調査を止めさせるために、CIA副長官ゲインズを銃殺し、マイケルに死体を移動させるよう命令したそうです。

そして、マイケルが死体を移動している写真だけが選ばれたと。それで始めて自分が嵌められたとわかったそうです。

それ以後はアメリカに戻るための計画をスタートしたそう!

そして、サラはジェイコブ(ポセイドン)と一緒にいる息子マイクのことが心配になり、アメリカへと戻る決断をするのでした。

リンカーンはスクレに電話をして、アメリカに戻るのに貨物船が必要だと言って、ギリシャのクレタ島まで来てくれと頼みます。

スクレ曰く、貨物船のキャプテンに5万ドル払えば大丈夫だそう!

そんなに多額の現金を持っていないリンカーン達ですが、偶然にもサラが家宝として持っていた指輪を差し出すのです。

サラは一足先にアメリカへ戻って、息子マイクをジェイコブから引き離しに。

そして、再度アメリカで会う約束をするのです…。

ジェイコブは手下のバン・ゴッホに、マイケルはクレタ島からアメリカへ戻るのに船か飛行機を使うからしっかり見張っておけ、と指示を出します。

 

すると、息子マイクが「電話はお母さん?」と聞いてきます。

「お母さんはすぐに帰ってくるよ」というジェイコブ。

貨物船に乗ったマイケル達。

そこで、ようやくスクレとの再会です!

貨物船のキャプテンは5万ドルを現金で要求するものの、マイケルはそれ以上の値段があるとして、サラの家宝である指輪をキャプテンに渡し、アメリカへと向けて出航するのです。

 

ジェイコブが仕事をしていると、そこにサラが帰ってきます。 

ジェイコブにマイケルについて聞かれたサラは、マイケルはずっと眠っており、彼の容体を安定させて帰ってきた。彼は以前とは変わっていたわ」とはぐらかすのです。

サラが息子マイクについて聞くと、彼は寝室で寝ていると。

サラが寝室へ行くと、ベッドに息子マイクの姿がありません!

ジェイコブ曰く、息子マイクは友達パトリックの家でお泊まりさせているそう。

貨物船のキャプテンのもとに、どこからか指名手配書が送られてきます。

ジェイコブは部下から報告を受けます。

どうやらマイケル達が地中海の貨物船にいることを突き止めたらしく(貨物船のキャプテンによって)、海軍特殊部隊のシールズが向かっているそう。マイケルを探し、殺すのが命令だそう!

たわいもない会話をしているマイケル達。

すると、マイケル達がいる部屋のドアが外から閉められてしまい、閉じ込められてしまいました。

すると、貨物船の上空から特殊部隊のヘリコプターが現れ、乗務員は全員手を挙げてデッキへ出てくるようアナウンスがあります。

サラは友人のヘザーに電話をし、息子マイクをパトリックの所から引き取ってくれと頼みます。

部隊が貨物船内を捜索。

ある部屋を開けると、そこにはスクレがタオルを口に巻かれており、喋れないようにされています。

部隊の一人が、外に脱出した形跡を確認。

スクレは「俺はこの貨物船の乗務員だ」と言って、部屋から連れ出されてしまいます。

スクレと部隊が部屋から出て行った後、その部屋に隠れていたマイケル達がゆっくり出てきます。

スクレは「俺はカニエル・オウティスなんて知らない」と言います。

そして、スクレを尋問している部隊に他のメンバーから連絡が入り、どうやらエンジン室に誰かいるようだと。

一方、エンジン室にいたマイケル達ですが、そこに部隊がやってきてしまいます。

そして、部隊は催涙ガスを使用してマイケル達をおびき出そうとします。

貨物船のキャプテンは、催涙ガスで自分の貨物船がダメになってしまうと嘆いており、スクレに「お前のせいだ」と言って複数回殴ります。一方、スクレは縛られている手を解こうとしているのです。 

 

そして、スクレは手を解いてキャプテンの気をそらし、彼を殴って倒します。

マイケル達はなんとか扉を開けて、彼らが入ってこれないよう細工。

スクレは貨物船の方向転換をするのです…。

ジェイコブはサラに「僕は君の過去などを受け入れてこれまでずっと愛してきた。不十分か?」など言い残して去っていきます。

そして、ヘザーは無事に息子マイクを拾って自宅へ向かおうとしています。

サラは壁から銃と弾丸を取り出します。

ジェイコブは手下のA&Wから報告を受けます。

どうやらこのままだと、貨物船が国際水域を離れてアルジェリアの水域に入ってしまうようで、特殊部隊としては撤退せざるを得ない状況にあると。そして、マイケル達の殺害作戦も失敗したと。

ジェイコブはそのまま軍に連絡してある指示を出すのです。

ヘリコプターが去っていく音を聞いたマイケル達。

彼らは瞬時に、貨物船自体が攻撃されることを察知し、急いで貨物船から脱出するために外へと向かいます。

すると、遠くの海上から一発のミサイルが打ち上がります。

マイケル達は一人ずつ貨物船から海に向かって飛び込むのです。

そして、その直後にミサイルは貨物船に命中!大爆発してしまいます。

息子の無事を確認したサラは、ついにジェイコブに銃を向けます。

「もう終わりよ!」「本当は誰なの?」と問い始めます。

一方、ヘザーはマイクを連れて自身の自宅へと戻ってきました。

しかし、そこにはポセイドンの手下バン・ゴッホが待っていたのです。

ジェイコブは息子を自分の家族で愛していると。

そして、ヘザーのやっていることは意味がなく、自分が息子を持っているとサラに言います。

そして、サラに銃を下ろすように言うジェイコブ。

息子マイクを取られてしまったことを悟ったサラは、静かに銃を下ろすしかないのです。

第8話へ続く…

 

『プリズン・ブレイク』シーズン5を視聴する

新作シーズン5の第5話を視聴するなら動画配信サイトのU-NEXTをおすすめしています!

動画配信サイトHuluとdTVではすでに配信が終了してしまっているのですが、U-NEXTでは配信されていますので、もし視聴したい方がいましたら是非U-NEXTに登録しましょう。ただし、U-NEXTの場合には月額料金とは別に1話毎の購入(216円)によって視聴可能ですので注意が必要です!

ちなみに、31日間の無料お試し期間もありますので安心です♪

公式サイト