『プリズン・ブレイク』マイケル役が降板でドラマは終了

シーズン6
画像: FOX

しばらく更新していませんでしたが、突然『プリズン・ブレイク』に関する重大なニュースが飛び込んできましたので紹介します。

結論から言いますと、

  • マイケル・スコフィールド役を演じた俳優ウェントワース・ミラーが自身のインスタグラムにて、「プリズン・ブレイクからは降りた。正式に」と投稿
  • 理由として挙げているのは「ストレートの役を演じたくない」

とのことです。

主演のこの投稿により、事実上『プリズン・ブレイク』の続編が制作されることはないでしょう!

ウェントワース・ミラーが正式にドラマを降板!

 

この投稿をInstagramで見る

 

“This is my favorite IG account,” someone wrote in response to a recent post. Thank you. I want you to know I saw that. I see the positive comments and DMs (a lot of them anyway). Affectionate. Supportive. Appreciated (by me). Obviously there are comments and DMs I appreciate less. Who are these people? On my page? What backwards-ass, Stone Age values country did they crawl out of? The U.S.? I won’t be disappearing (too many cool things to repost). The ability to comment likely will. I’m not concerned for myself. I can’t be “bullied” in this space. I have too much power. “Delete. Block. Deactivate.” Etc. But I take seriously the possibility of queer kids visiting here, recently out of the closet or exploring the idea… I don’t want them exposed to bullshit. On a related note… I’m out. Of PB. Officially. Not bec of static on social media (although that has centered the issue). I just don’t want to play straight characters. Their stories have been told (and told). So. No more Michael. If you were a fan of the show, hoping for additional seasons… I understand this is disappointing. I’m sorry. If you’re hot and bothered bec you fell in love with a fictional straight man played by a real gay one… That’s your work. – W.M. 🏳️‍🌈

@ wentworthmillerがシェアした投稿 –

自らをゲイであることを公表しているマイケル・スコフィールド役のウェンワース・ミラー。

投稿した内容を簡単にまとめると、、、

  • ネガティブなコメントがSNSに寄せられ、削除したりブロックしたりもできるので自分は気にならないが、アカウントを訪れるクィアの子供達に悪影響があるのではないかと危惧してる
  • 「プリズン・ブレイクを降りる。正式に。ソーシャルメディアだけが原因ではないけれど、自分はただ単にストレート(異性愛者)のキャラクターを演じたくない。彼ら(異性愛者)のストーリーはもう語られている
  • だから、もうマイケルは演じない。もしドラマのファンでさらなるシーズンを求めていたなら、失望しているのは理解できる。申し訳ない。

とのことです。

制作側からの正式なコメント等はないですが、主演のウェントワース・ミラーがこのような発言をしたことになれば、シーズン6が制作される可能性は限りなく低いと思われます。

なので、事実上『プリズン・ブレイク』はドラマ自体終了したとみていいでしょう!

 

共演者からも反応が!

マイケルの兄リンカーン・バローズ役を演じた俳優のドミニク・パーセルは、「楽しかったよ。君の話した理由を全面的に支持し理解する。自分の健康や真実のためにこの決断をしたことは嬉しい。今後も投稿は続けてね…」と投稿しています。

ドミニク・パーセルといえば、これまで散々自身のインスタグラムにてシーズン6に関する情報をファンに提供しており、おそらく本人も最もシーズン6を期待していた人物です。

 

また、マイケルの妻サラ・タンクレディ役を演じた女優サラ・ウェイン・キャリーズも、自身のインスタグラムにてウェントワース・ミラーのことを話しています。

昨日、ウェントワース・ミラーがゲイとしてゲイのキャラクターを演じることに専念していきたいとの理由でマイケル役を演じるのをやめると投稿しました。私たちがこれまで共にしてきた全ての仕事と深い愛情に感謝し、彼の選択を全力で支持します。

そして、『プリズン・ブレイク』のファンに対しては、

プリズン・ブレイクのキャストは、クィア(LGBTQ)に好意的な空間で、彼らの権利や芸術的な仕事を全面的に支持すると共に、LGBTQのコミュニティーにいる友達や家族を支持します。

と投稿してます。

 

マイケルなしで制作とかはない?

結論から言えば、マイケルなしの制作はないでしょう!

あの特徴的な主人公なしでの制作は考えられませんし、それを観たいかと問われれば微妙なところです。また、本作は「IQの高い人間が脱獄計画を練って脱獄する」のがテーマであり、その人間=マイケルが不在となれば、もうドラマ自体成り立ちません。

そして、今回のウェントワース・ミラーの降板理由が理由なだけに、「彼抜きでやろうか!」とは正直ならないと思いますし、ファンもそこまでは望んでないのではないかと思います。

余談ですが、同じく日本で人気を博した海外ドラマ『24』シリーズでは、2017年に放送された『24レガシー』で主人公(ジャック・バウアー)を交代して新たな主人公で制作されました。結果は様々な要因があると思いますが、あまり良いものではありませんでした…。

 

ファンとしてはやっぱり悲しい…

わたし自身も降板理由は理解してますが、やっぱり待望だった続編が制作されないとなるとガッカリというのが本音ですね(T . T)

早く続きが観たくてずっと辛抱強く待ってたのですが・・・

これは私だけはなく、おそらくファンの多くはそうだと思います。

まとめ

2017年にシーズン5が放送されて以降、ずっと「シーズン6は制作される?されない?」の議論がありましたが、ここへきて制作されないことがほぼ確実となりました。

まさかこんな形で希望がなくなるとは思っていませんでしたが、まぁ主役が考え抜いて決めたことですから仕方ありません。

これまで5シーズンにわたって素晴らしい作品を残してくれていますので、ショックな人はとりあえず再びシーズン1から観てみてはいかがでしょうか?笑

久々に観ても最高におもしろいですよ

視聴方法一覧は以下のページに全てまとめています。

迷ったらHulu(フールー)で間違いなし!全シーズン配信です!

 

こちらの記事は2020年11月時点の情報になります。常に最新情報を提供できるように心掛けていますが、配信が終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サイトの公式ホームページにてご確認ください。
シーズン6
【決定版】プリズン・ブレイクを視聴するならHuluに登録!

動画配信サイトのHulu(フールー)では、只今『プリズン・ブレイク』シーズン1〜5が配信されており、字幕/吹替の好き方で視聴することができます。

月額料金933円のみで、その他課金は一切ありませんので安心です♪

無料でサービスを利用できるお試し期間が2週間用意されていますので、まずはお試し期間で視聴し始めてはいかがでしょうか?

『プリズン・ブレイク』情報局をフォローする
『プリズン・ブレイク』情報局
タイトルとURLをコピーしました