セオドア・ティーバッグ・バッグウェルとは一体??

画像: FOX

セオドア・”ティーバッグ”・バッグウェル(Theodore “T-Bag” Bagwell)

シカゴ郊外にあり、凶悪犯が多く収監されている刑務所「フォックス・リバー」の中でも特に凶悪で、少年少女6人をレイプし殺害、殺害後にレイプしたこともあるという。

罪歴は誘拐・強姦・第一級殺人6件で刑期は終身刑、脱獄したフォックスリバー8のうちの1人。白人至上主義者で黒人を常に敵視。また、同性愛者で「守ってやる」という証にポケットを出して好意を持っている奴に握らせている。



シーズン1 〜マイケルとの出会い、そして脱獄〜

画像: FOX

全米で指名手配されていたティーバッグは、ホランダー夫人の家にいる時に通報され、そのままフォックス・リバーへ。差別主義者で小児愛者の彼は他の受刑者であるジョン・アブルッチやベンジャミン・マイルズ(通称Cノート)らに憎まれていた。

マイケルがフォックス・リバーに入所後、「べっぴん」の彼を誘惑するも断られる。さらに同房者をマイケルに殺されたと勘違いし、そこからマイケルを憎むこととなる。ちなみにマイケルに対する呼び名は「かわいい子ちゃん」。

 

画像: FOX

白人の中では憎まれながらも危険人物として扱われ、刑務所内では暴動を起こしたり平気で人を殺したりするのだ。

 

画像: FOX

脱獄計画の事を知ってしまったティーバッグはマイケルにバラすと脅し、他の者からは嫌がられながらも刑務作業に参加する事に。これで彼も脱獄メンバーの仲間となる。しかし、たびたび刑務作業中に他のメンバーに対して差別的な発言をしたりするため、メンバー間では摩擦が広がっていく。

 

画像: FOX

脱獄に関して、人数が多すぎるということを知ったティーバッグはその中から1人減らそうと復讐も兼ねてアブルッチを呼び出し、剃刀で彼の喉を切り殺そうとする。

そして、殺そうとしたアブルッチが病院から戻ってくると彼は恐れを感じ、二回目の殺しを実行しようとするが、仲間のシーノートにとめられる。アブルッチはティーバッグに許しを求め仲直りしようとし、握手をするも信じていない様子。

 

画像: FOX

シーズン1の最後にはついに脱獄に成功。保身のためにマイケルと自分に手錠をし離れられないようにするが、それを知ったアブルッチが納屋にあった斧で彼の手首を切断し重症を負わせそのまま放置。それにも関わらず彼は捕まることなく生き残って逃げていく・・・。

 

シーズン2 〜脱獄からパナマ投獄まで〜

画像: FOX

脱獄後に手首を切断されたティーバッグはある獣医を訪ねて接合手術をしてもらうが、適切な処置ではないため(そもそも病院でない)手の感覚が戻ることはなかった。また、彼は自らのルックスを変えようと髪を金色に染めた。

 

画像: FOX

その後、脱獄の際に盗み聞きしていたウェストモアーランドの埋蔵金を求め車でユタ州へと向かう。いち早く到着するもマイケルやトゥイーナーらと再び合流。一緒にある家の地下に埋まっている埋蔵金を目指して穴を掘り進める。最終的に埋蔵金を見つけ、他の人の隙をついて全ての埋蔵金を持ち去り、自分を裏切ったホランダー夫人の元を訪れようと家を探すが、すでに引越し済み。

 

画像: FOX

同じく埋蔵金を追っていたベリックとギアリーらに埋蔵金の在り処を聞き出すために拷問される。そして、ロッカーの鍵を手にしたベリックらは用済みとして警察に通報。ティーバッグは手錠を掛けられているため逃げることができず、最終的に接合した手首を自ら切断するのだ。

 

画像: FOX

一方、ギアリーはベリックを裏切り埋蔵金の入ったバックパックを持って高級ホテルに滞在していた。すると、追跡装置を使ってティーバッグが部屋に入り込み、ギアリーは殺され再び埋蔵金を手にすることに成功。

ついにホランダー夫人らが住んでいる家を突き止め、また一緒に住もうとするが断られ、彼女とその子供らを自宅に軟禁する。遠く離れた場所から自ら警察に電話し、彼女らを解放するように言ったのだ。

 

画像: FOX

ティーバッグは手の手術をしようとタイに旅行へ行こうとしていた。そしてバンコク行きのチケットを買い搭乗するが、同じ便には実はベリックも乗っていた。メキシコシティー国際空港でベリックがいることを知り隠れるが、その間に埋蔵金が入ったバックパックが外に行ってしまった。取りに行くティーバッグだが、そこは立ち入り禁止区域でなんとかバッグを持ってパナマへ逃走。

 

画像: FOX

スクレを利用してティーバッグを見つけ出したベリックは彼を追うが、脚を撃たれてしまい警察に捕まる。ティーバッグその隙に逃走するが、すぐにマイケルに場所がわかり、ある納屋で決闘が繰り広げられる。

その末に、マイケルはティーバッグの手にナイフを突き刺し、彼は置き去りにされついにパナマ警察に捕まってしまう。その後、パナマ刑務所に送られるが、そこにはすでにベリックが収監されていた。

 

シーズン3 〜SONA〜

画像: FOX

マイケル、ベリック、マホーンと共にパナマにある刑務所SONAに入れられてしまう。

 

画像: FOX

刑務所内ではボスであるルチェロは媚を売って仲間に入るが、そんな姿を見ている側近のサミーに嫌われしまう。ルチェロのために何でもやるティーバッグは徐々に刑務所での地位も上がり、ついには信頼を得ることにも成功。

 

画像: FOX

ジェームズ・ウィスラーやマイケルらが脱獄しようとしているのを知り、再びチームとして協力することになるが、最終的にはマイケルにはめられ、ベリックやルチェロらと共に刑務官に見つかり捕まってしまう。

 

画像: FOX

拷問を受けるティーバッグは隣の部屋にいたスクレが脱獄について全部知っていると刑務官にバラした。そして彼はウィスラーが落とした「鳥の本」を見つけたが、そのままSONAに連れ戻されてしまったが、ルチェロに変わって刑務所内でのリーダーとしての地位を確立した。

 

シーズン4 〜フォックスリバーへの道〜

画像: FOX

パナマの刑務所で暴動が起こり、ティーバッグやスクレ、ベリックらは刑務所から逃げていた。そして、その後重要になってくる「鳥の本」をティーバッグが持っているのだ。

国境を越えてアメリカへと戻って来たティーバッグは本に書いてあることを少し解読し、ある書類を手に入れた。そこに書かれていたコール・ファイファーというトップビジネスマンのふりをしてゲート社へ行き、そこで引き続き本の解読に取り掛かる。刑務所の世界から一転した別人の役を演じている。

 

画像: FOX

最終的に彼がセールスマネージャーではないことがバレそうになり、捕まる前に建物から素早く逃げようとする。しかし、ある組織の一員グレッチェン・モーガンという女に捕まり尋問され、彼らはパートナーとしてスキュラ探しを手伝うことに。再びゲート社でセールスマンとして演じ、マイケルらと共にスキュラを探すが、目的はそれを奪って売ることにより得られる大金だ。

一方、彼は以前の極悪人セオドア・ティーバッグ・バッグウェルよりもコールファイファーというセールスマンを好み、性格的にも徐々に優しい面もでてくる。ベリックが死んだと聞いた時には動揺したりした。

 

画像: FOX

ティーバッグは組織によってリンカーンやグレッチェンらと協力してスキュラをバイヤーから奪還する使命をもった。そのチームには後ほどマホーンも参加する。テイーバッグは組織のクランツ将軍にこき使われるようになる。物語が進みにつれ、再びセールスマンから元のティーバッグの一面が出てきだす。

 

画像: FOX

また、マイケルの弱みとしてサラ・タンクレディを捕まえる。未だマイケルにはリベンジしたい気持ちを持っているのだ。ティーバッグはサラを襲おうとするが助けに来たマイケルによって殴られ意識を失う。

 

画像: FOX

マイケルらはかつて敵だった存在ポール・ケラーマンにすべてを終わらそうとスキュラを渡す。その後、彼らは全員自由の身となり、残る問題は1つ、ティーバッグをどうするか。マイケル、サラ、リンカーン、スクレ、マホーン、シーノートの意見は皆揃って彼をフォックス・リバーへ送り返すことだった。そして4年後、彼は再びフォックス・リバーの中で囚人として生きていたのだ。

 

フィイナル・ブレイク 〜刑務所内〜

画像: FOX

ティーバッグはサラ・タンクレディが収監されている刑務所の近くの刑務所で服役しており、クランツ将軍を助けていた。将軍はサラと同じ刑務所にいるグレッチェンにサラを100,000ドルで殺すように持ちかける。

 

画像: FOX

マイケルはサラを助けるためにサラのいる刑務所にパラシュートで降りる計画を立てていた。リンカーンはティーバッグに5,000ドルで午後7時に火災報知機を鳴らすよう持ちかけるが、彼は100,000ドルを要求する。

約束した7時までにティーバッグの口座にお金を振り込むことで合意するものの、7時になっても振り込まれていないことを知ったティーバッグは看守にマイケルの計画についてバラす。

しかし、マイケルに再びハメられたティーバッグはサラの脱獄を助けた疑いで独房監禁になってしまったのだった。



画像: TVLine

ロバート・ネッパー(Robert Knepper)

プリズン・ブレイクでセオドア・ティーバッグ・バッグウェル役を演じているのが、ロバート・ネッパーという俳優。プリズン・ブレイクで人気キャラクターを演じてから映画やドラマなど数々出演しており、今や人気俳優になったのです。

プロフィール

名前:Robert Lyle Knepper

出身:アメリカ合衆国オハイオ州フリーモント

生年月日:1959年7月8日(56歳)

 

ロバート・ネッパーはオハイオ州フリーモントで生まれ、小さい頃から母親の影響もあり演じることに興味があった。その後は同州のマウミーで育ち、数年の間はシアターなどで働いていた。1977年にマウミー高校を卒業後はノースウェスタン大学でドラマの勉強をしながらシカゴで仕事としても活動していた。彼の学位が終了に近づくにつれ、彼はノースウェスタンをやめてニューヨークへ行った。

彼は映画やテレビで働くとは意図していなかったものの、1986年に 『The Paper Chase』 や『 That’s Life!』テレビ・映画デビューを果たす。そして、『Wild Thing』『Young Guns II』『When the Bough Breaks』『Everyone Says I Love You』などで徐々に世に知れることとなり、『The Twilight Zone』『Star Trek: The Next Generation』『ER』『Law & Order』では大役を演じた。

そして2005年、『Prison Break(プリズン・ブレイク)』でセオドア・ティーバッグ・バッグウェル役を演じ、彼は世界的に有名な俳優になり、テレビ作品の偉大な悪役として選ばれたのだ。同時に『Good Night』『Good Luck』『Hitman』『Transporter 3』『The Day the Earth Stood Still』など多数の映画に出演。プリズン・ブレイク終了後の2009年には、『Heroes』で悪役Samuel Sullivanとして演じた。

その後も数々のドラマや映画に主に悪役として出演し、2016年には再び『プリズン・ブレイク』でティーバッグを演じる予定で、さらに2017年には日本でも人気となった元祖海外ドラマ『Twin Peaks(ツインピークス)』にも出演する予定。

 

2008年来日

画像:シネマトゥデイ

来日した際にはこれまでの彼の過去や悪役ティーバッグについて語った。『プリズン・ブレイク』でヒットする前までは本当に仕事がなくて国立公園でパークレンジャーになる予定だったそう。それが一か八かで受けたオーディションで見事ティーバッグ役を手にした。売れない時代が長くとても苦労したとかで、今でもスター扱いされるのには抵抗があるよう。

 

『24 TWENTY FOUR』のキーファー・サザーランドとは友達

画像: Listal

意外なことに人気ドラマ『24 TWENTY FOUR』で主人公を演じたキーファー・サザーランドとは友人関係にあるようで、彼らは過去に『ヤングガン』などで共演をしている。

昔、当時同じだったジムでキーファーに俳優業を辞めようかと話したところ、キーファーが突然殴り掛かってきて「俳優を辞めるなんて言うんじゃねぇ!」と言ってきたそう。俳優を続けてきて今があるのは実はキーファーのおかげなんだと話している。