2024年|広告

『プリズン・ブレイク』の評価!新聞・雑誌・レビューサイト・視聴者の反応

プリズン・ブレイクの評価 レビュー・評価

人気海外ドラマ『プリズン・ブレイク』の評価について紹介しています。

『プリズン・ブレイク』は高い評価を受けているドラマで、日本では「日本三大海外ドラマ」のひとつに数えられています。今現在でも多くの人に視聴されているロングセラー作品です。

とくにシーズン1がもっとも高く評価されており、主に以下の点で高評価を得ています。

  • 脚本がよく練られている
  • 先の展開が読めない
  • 個性的なキャラクター
  • 主人公マイケルのルックス

しかし、シーズンが進むにつれて視聴率が低下し、評価は下がっているのも事実です…。

ネットでお得に視聴できる

動画視聴

『プリズン・ブレイク』の視聴はディズニープラスがおすすめです。

✅全シーズン配信中
✅字幕と吹替に対応
✅見放題(追加課金なし)
✅配信終了のリスク低い

ディズニープラスは月額990円〜(税込)を払うことで16,000本以上の作品が見放題の人気動画配信サービスです。

子供向けから大人向けの作品まで幅広いラインナップがあり、ほかでは一切視聴できない作品が多数配信中。

追加課金なしで視聴する
※年間プランなら実質2ヶ月無料

視聴者数(視聴率)でわかる評価

シーズン1
シーズン1
シーズン2
シーズン2
シーズン3
シーズン3
シーズン4
シーズン4
シーズン5
シーズン5
視聴者数
(視聴率)
1話 1051万人
2話 1051万人
3話 849万人
4話 915万人
5話 796万人
6話 855万人
7話 948万人
8話 1012万人
9話 901万人
10話 806万人
11話 958万人
12話 1008万人
13話 1218万人
14話 928万人
15話 1007万人
16話 810万人
17話 812万人
18話 818万人
19話 863万人
20話 854万人
21話 913万人
22話 1024万人
1話 937万人
2話 944万人
3話 929万人
4話 896万人
5話 955万人
6話 841万人
7話 899万人
8話 853万人
9話 894万人
10話 863万人
11話 921万人
12話 962万人
13話 962万人
14話 986万人
15話 990万人
16話 1012万人
17話 955万人
18話 942万人
19話 972万人
20話 840万人
21話 824万人
22話 812万人
1話 751万人
2話 741万人
3話 729万人
4話 735万人
5話 744万人
6話 769万人
7話 800万人
8話 718万人
9話 787万人
10話 781万人
11話 735万人
12話 784万人
13話 740万人
1話 653万人
2話 653万人
3話 636万人
4話 579万人
5話 584万人
6話 528万人
7話 537万人
8話 545万人
9話 523万人
10話 538万人
11話 552万人
12話 525万人
13話 584万人
14話 540万人
15話 537万人
16話 498万人
17話 334万人
18話 306万人
19話 320万人
20話 299万人
21話 332万人
22話 332万人
1話 383万人
2話 318万人
3話 244万人
4話 275万人
5話 235万人
6話 237万人
7話 241万人
8話 190万人
9話 230万人

詳しい視聴率に関しては、『プリズン・ブレイク』シーズン1〜5の視聴率・視聴者数の記事をご覧ください。

シーズン1の評価

シーズン1
画像:FOX

『プリズン・ブレイク』は2005年8月29日に初放送され、記念すべき第1話の視聴者数は1050万人を記録しました。

放送するFOX局は、1998年9月に放送された『Melrose Place』と『Ally McBeal』以来、この時期の月曜日の数字で、これほどの成功を収めたことはありませんでした。

新聞や雑誌はシーズン1に関して以下のように評価しています。

「ネットワークの新シリーズのなかもっとも興味をそそるものであり、もっとも独創的なもののひとつである」

ニューヨーク・タイムズ紙

「2005年最高の新番組のひとつ」

エンターテインメント・ウィークリー誌のジリアン・フリン

「地味な気取り」「一様に乱暴な演技」

ワシントン・ポスト誌

新聞や雑誌の多くは、『プリズン・ブレイク』に対してわりと高評価を与えています。

もちろん「ワシントン・ポスト」誌のように演技など個別な事柄に対して辛口コメントをした媒体もありますが、基本的には高評価です。

FOXはこの視聴率の成功により、シーズン1をさらに9話延長しました。

シーズン2の評価

シーズン2
画像:FOX

シーズン2の初回平均視聴者数は940万人でした。

USAトゥデイのロバート・ビアンコは、「この番組を席巻している荒唐無稽な不条理」についてコメント。「万能のプロット修正」としてタトゥーを使い続けていることについて、脚本家は「信じられないほど怠惰である」と非難しました。

対照的に、デトロイト・フリー・プレスは、「独房の登場人物たちの雑多なクルー」と「シリーズのクリエイターであるポール・シェアリングと彼のスタッフによる、張りのある独創的なストーリーテリング」によって、「ロックで良質なエンターテイメント」を提供したシーズン1が設定した基準に匹敵する、シーズン2の初回エピソードを賞賛しています。

シーズン3と4の評価

シーズン3
画像:FOX

シーズン3やシーズン4は、ドラマの脚本が「刑務所からの脱獄」という元々のストーリーから乖離し、徐々に否定的な評価を受けました。

それは視聴者数から見てもわかり、最終的に600万人から300万人まで落ちています。

シーズン5の評価

シーズン5
画像:FOX

2017年に復活を果たしたシーズン5はさまざまな評価を受けました。

評論サイト「Rotten Tomatoes」では、シーズン5の支持率は21のレビューに基づき52%で、平均スコアは6.61/10となっています。

レビューサイト「Metacritic」では、18の批評家に基づき100点満点中48点をつけており、平均的なレビューとなりました。

有名レビューサイト「IMDb」での評価

IMDBの評価
IMDBの評価

引用:https://www.imdb.com/title/tt0455275/ratings/?ref_=tt_ov_rt

海外の有名なレビューサイト「IMDb」において、『プリズン・ブレイク』全体の評価は8.3/10(レビュー数:516,470件)でした。

シーズン1に対して国内のレビューサイト「Filmarks」では4.3/5(1247件のレビュー)、Amazonでは4.5/5(1379件のレビュー)という評価がされています。

どのサイトのレビューを見ても、『プリズン・ブレイク』は非常に高評価がされており、とくにシーズン1の高評価率は顕著です。

『プリズン・ブレイク』が受賞した賞

『プリズン・ブレイク』はいくつかの賞を受賞&ノミネートされています。

2005年ピープルズ・チョイス・アワード
「好きな新作テレビドラマ賞」
2006年1月第63回ゴールデン・グローブ賞
「ドラマ・テレビシリーズ賞」
「ドラマ・テレビシリーズ主演男優賞」(マイケル)
ノミネート
2006年テレビ批評家協会賞
「最優秀新ドラマシリーズ」
ノミネート
2006年プライムタイム・エミー賞
「優秀メインタイトル・テーマ音楽賞」
ノミネート
2006年2006年サテライト・アワード
「助演男優賞」(ロバート・ネッパー)
ノミネート

これらの受賞ノミネート歴から見ても、シーズン1は高く評価されていることがわかります。

主人公のマイケル(演 ウェントワース・ミラー)と悪党ティーバッグ(演 ロバート・ネッパー)がそれぞれノミネートされていることからも、キャラクター人気の高さがうかがえます。

マイケルは甘いルックスで日本でも人気があり、ティーバッグは人気キャラクターランキングで常に1位にランクインする人気っぷり。

SNS上での視聴者の評価

SNS上での『プリズン・ブレイク』の評価を紹介します。

ここでは日本で感想が多く投稿されるX(現Twitter)での評価です。

X(現Twitter)には、実際に視聴したユーザーの感想が多数投稿されています。

ザッとタイムラインを見ても良い評価しかありません。とくにシーズン1は高評価。キャラクターに関する言及も多く、ティーバッグがおもしろい旨の投稿が目立ちます。

低評価している人は少ないですが、評判が良くないのはシーズン3や4です。シーズンが進むにつれて視聴するのをやめてしまった人も一定数います。

まとめ

海外ドラマ『プリズン・ブレイク』に対する評価を紹介しました。

新聞や雑誌、レビューサイトを見てみると、全体的に高評価であることがわかります。とくにシーズン1の評価は高く、脱獄するまでの過程や個性的なキャラクターによるセリフや言い回しが主な評価点です。

個人的にもシーズン1を初めて見たときには、おもしろ過ぎてぶっ通しで見たことを覚えています。よくシーズンが進むにつれてつまらなくなる、と言われますが、シーズン2以降も普通におもしろかったです。確かにシーズン3はおもしろさが半減し、シーズン4も普通のドラマになったように感じましたが、それでも陰謀を倒して解決するまでの過程は楽しめました。

久々に復活を果たしたシーズン5も、あの個性的なキャラクターが見れただけでも満足。脚本やエピソード数に関しての不満はありましたが、また続編が公開されれば必ず見ますし、また制作してほしい気持ちはあります。

もう何周もしている『プリズン・ブレイク』ですが、いまならネット上の動画配信サービスを利用すれば、定額で何度でも繰り返し視聴できるので助かっています。

『プリズン・ブレイク』はディズニープラスでの視聴がおすすめで、全シーズン配信されているのに加え、字幕と吹替の両方に対応。作品の配信権利を持っていることから、突然配信が終了するリスクがないのもおすすめポイントです。月額990円〜(税込)で見放題。

コメント

タイトルとURLをコピーしました