アレクサンダー・マホーンが出演しない理由が判明!

『プリズン・ブレイク』の復活版には7人のオリジナルメンバーが出演する予定ですが、1人だけ復活しないキャラクターがいます。

それは以前に新作シーズン5にマホーンは出演しないのか?でも紹介しましたが、元FBI捜査官で最後にマイケルらと共に組織を倒したり、サラを脱獄させたり協力関係にあった人物アレクサンダー・マホーンのことです。

マホーン役を演じているウィリアム・フィクナー(William Fichtner)は今回の復活版には出演しないことがすでに決まっており、『プリズン・ブレイク』に出演しているキャラクターの中でもファンからの人気が高かっただけに、なぜ出演しないのかは疑問でした。

 

しかし、先日米国サンディエゴで行われた「コミコン・インターナショナル2016」にて、ティーバッグ役を演じる俳優ロバート・ネッパーが、脚本家のポール・シェアリングが彼を出演させないことに決めたんだ」と明らかにしました。

さらにロバート・ネッパーは「僕はポール・シェアリングをとても信頼しているし、ポールも僕もウィリアム・フィクナー(マホーン役)のことが好きなんだ」と語り、「ウィリアム・フィクナーは本当に素晴らしい俳優だよ!ってポールも言っていたけど、同時に彼は僕に言ったんだ、あのキャラクターをどうすれば良いのか分からないってね。」

「彼はすべてのキャラクターをただ復活させればいいなんて思っていないし、新しい物語においてマホーンというキャラクターの居場所を見つけられなかったんだよ。」

とロバート・ネッパーはインタービューで語ったのです。

 

マホーンを復活版でどのように位置付ければいいのか、脚本家自身も悩んだ様子で、当初は「ウィリアム・フィクナー(マホーン役)が他のTVドラマで忙しいから出ないのでは?」なんていう噂もありましたけど、結局は脚本家のポール・シェアリングが自ら彼を今回の復活版には出演させないと決めていたのです。

彼を好きなファンにとっては残念なことですが、今後もし新たなシリーズが制作されたとしたら、彼が出演する可能性はまだまだ十分にあるでしょう。



マホーンとティーバッグが出演している映画『ネイビーシールズ:チーム6』

Topページへ行く