『プリズン・ブレイク』シーズン3の全情報まとめ【徹底紹介】

プリズン・ブレイク シーズン3

このページは人気海外ドラマ『プリズン・ブレイク』シーズン3の全情報まとめになります。

各エピソードのネタバレやあらすじ、キャスト・登場人物・キャラクターの相関図はもちろん、シーズン3の動画を視聴する方法も紹介しています。

これが一番!シーズン3のおすすめ視聴方法

Disney+

『プリズン・ブレイク』の視聴はDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ。

全シーズン配信されており、1話ごとの課金がなく見放題に視聴できる唯一のサービスです。もっともお得に観れるため、当サイトも現在一押ししています。

Disney+ (ディズニープラス)は月々990円(税込み)を払うことで、配信されている約16,000作品以上を見放題に視聴できる人気サービス。利用者も年々増加しています♪

【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)のサービス解説
【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)の登録&解約方法を解説

シーズン3のあらすじ内容

シーズン3は全13話あります。

簡単なあらすじは以下の通り。

極悪人が収監され刑務官さえも中に入れない、パナマにあるSONA刑務所に入れられてしまったマイケルやマホーン、ベリック、ティーバッグ。サラやLJが人質に取られてしまっており、マイケルは刑務所内に隠れているとされるジェームズ・ウィスラーという男を連れて脱獄することになる…。

シーズン3で描かれているのは、パナマのSONA刑務所からジェームズ・ウィスラーを脱獄させる過程が描かれています。愛するサラやリンカーンの息子を助けるため、うまく囚人たちを利用しつつ脱獄計画を即席で頭のなかで組み立てます。

刑務所内では非人道的な行為もおこなわれ、数々の苦難を乗り越えながら脱獄をするところがシーズン3の見どころとなります!

シーズン1と比べると脱獄のスケールは小さいですが、天才マイケルがどう逃げ出すのかは要注目ですよ!

各エピソードのあらすじ・ネタバレ

物語の内容が含まれていますので、まだ観ていない方は注意してください。

第1話「ようこそジャングルへ」
マイケルらは、極悪人の多いSONA刑務所に収監され、受刑者のどちらかが死ぬまで戦う決闘をすることになる。リンカーンはマイケルの移送を手配するが、息子LJとサラを人質に取っているスーザンに声をかけられ、囚人のジェームズ・ウィスラーを脱獄させれば彼らを解放すると脅してくる。
第2話「第三の男」
マイケルは、仲良くなった囚人からウィスラーのことについて聞く。一方、マイケルのことを注視していたベリックもウィスラーについて知ることになる。刑務所の給水が停止され、囚人たちはボスであるルチェロに対する暴動が始まる…。
第3話「望みなき者」
マイケルはサラが新聞で場所を指差している写真を受け取る。ルチェロが刑務所内で唯一携帯電話を持っていることを知ったマイケルは、ティーバッグに対して過去の犯罪をバラすと脅し、携帯電話を盗ませようと試みる…。
第4話「フェンス」
リンカーンは箱のなかに入ったサラの首を見ることになる…。しかし、リンカーンは弟マイケルには真実を話さないことにする。マイケルはマホーンに脱獄計画のことを話すも、そのことがベリックにも知れてしまい、マイケルは彼をメンバーに入れることを拒否するのだが。
第5話「作戦開始」
マイケルは、照明とパトロール用ジープの巡回があるため、夜間の脱獄は不可能であることを悟る。マホーンは監視塔の警備員の一人であるフタド大尉を監視し続ける。マイケルは監視塔の警備員の一人が太陽の反射に悩まされ、特定の時間に顔を向けて日光を避けていることを知る。
第6話「3時13分」
フランス人の男は、ベリックが近づこうとしたところを突き飛ばす。サミーが受け取った荷物の中には特殊な葉巻が入っており、ルチェロの子分であるチェオがその葉巻を吸っていることが明らかになるのだが…。
第7話「オオカミ少年」
ルチェロはマイケルが脱獄しようとしていることを知っており、彼の行動のせいで刑務所での自身の地位が脅かされていると話す。ルチェロはマイケルに自分を計画に加えるよう要求。マイケルはグレッチェンがウィスラーを訪ねているのを目撃し…。
第8話「強行突破」
マイケルはガレゴに、父親にリンカーンへの伝言を伝えるよう指示する。サミーはルチェロを説得し、勢力を固めるために多くの部下を集めさせる。将軍はアンソニーにウィスラーを力ずくで脱出させる。アンソニーは刑務所への襲撃を計画しウィスラーに知らせる。
第9話「籠のトリ」
新しい警備主任であるザヴァラ将軍は、マイケルを拷問して話させる。マホーンは刑務所に戻され、症状に悩まされ続ける。ティーバッグとウィスラーはサミーを殺させることに同意する。ティーバッグはサミーを殺す代わりにマホーンに薬物を提供するも、彼はそれを拒否する。
第10話「裏切り者に死を」
中毒の症状を抑えたマホーンは脱獄計画に戻るも、その計画にはティーバッグも含まれることに。サミーはチームが地下で作業している間にルチェロを追い出す。ティーバッグはベリックにチームに入る代わりに同じ手口でサミーを殺すよう勧めるのだが…。
第11話「7人の夜」
雨で地下トンネルの崩壊は確実となり、マイケルは夜の脱獄に計画変更する。チームは予定より早く掘り始める。マイケルはガレゴを脱獄チームに入れることにし、父親に脱獄計画に貢献してもらうよう指示する。
第12話「天国と地獄」
最初の3人はフェンスに向かって全速力で走るが、灯が戻りルチェロは撃たれてしまう。看守は刑務所の中に突入し、ベリックを拷問し始める。4人は車に隠れて脱出、看守に追われながらビーチに向かって走り続ける。リンカーンと合流し、酸素カプセルを使って水中を泳ぎ、目的地である海上にある標識に向かうのだが…。
第13話「駆引きの行方」
【シーズン3 最終話】マイケルたちは何とかウィスラーを探し出し、L.J.とソフィアの無事だけを確認し、公共の場所での交換を手配する。マイケルは本当の交換場所を美術館にするよう手配。グレッチェンは美術館に入るため、武器を外すことを余儀なくされる…。

シーズン3の結末は?

シーズン3の結末について書いています。

最終的に、マイケルらは無事に無法地帯のSONA刑務所から脱出することに成功します。天才マイケルは、囚人たちをうまく利用し、幾多の困難を乗り越えます。あらかじめ脱獄後も計画してあり、すべてがうまくいきました。その一方、協力したスクレなどが逆にSONA刑務所へ入れられてしまうという不運も…。

マイケルはリンカーンらと合流し、人質になっていた彼の息子LJの救出にも成功。しかし、マイケルはサラを殺された復讐から、ウィスラーやグレッチェンを探す旅に出るのです…。

まとめると?
・マイケルは無事に脱獄成功
・脱獄後も捕まらず逃げることに成功
・人質になっていたリンカーンの息子LJも救出
・サラの復讐のためウィスラーたちを探しに行く

シーズン3の感想

シーズン3は、脚本家らによるストライキや主役級キャストの降板によって、13エピソードと半分のエピソード数になっています。無理やり脚本を変えたこともあり、正直、練り込まれていない薄い内容になってしまっていて残念でした。

「脱獄」が含まれていたシーズンではありますが、シーズン1のように用意周到で本格的な脱獄ではなく、即席の脱獄でした。やはりフォックスリバー刑務所の脱獄と比べると見劣りしてしまいます

ただし、刑務所のなかでの各キャラクターのやり取りはおもしろかったです!絶対に囚人としているべきティーバッグやベリックがいますし、そいつらの会話がいちいち笑えます。やはり生き延びる術は誰よりも持っているようで、臨機応変に生きるティーバッグなんかはずっと見ていられますね(笑)

サラが降板してしまいましたので、このシーズンではサラの姿はありません!そのため

大幅に脚本が変わり、ちょっと退屈さを感じましたね…。

吹替での視聴を推奨します!

海外ドラマを字幕で観る人は多いと思いますが、『プリズン・ブレイク』だけは吹替で観ることを強くおすすめします

このドラマの最大の見どころは、個性的なキャラクターの言動です。吹替の話し方や言葉のチョイスが絶妙で、ほかのドラマでは聴かないような表現が多々使われています。

一度字幕を観てから吹替で観ると違和感を覚えるため、ぜひシーズン1の一番最初から吹替で観てみましょう!

『プリズン・ブレイク』全シーズンの感想は以下の記事に書いていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

シーズン3のキャスト(登場人物)・相関図

シーズン3 登場人物の相関図
画像: FOX

↑シーズン3の簡単な相関図になります。

ここでは主要キャスト(登場人物)のみを紹介し、ほかのキャストについては違うページですべて紹介していますので、ぜひそちらをご覧ください。

マイケル
画像: FOX

マイケル・スコフィールド(演 ウェントワース・ミラー)

パナマにある極悪刑務所「SONA」に入れられてしまう。刑務所生活が始まると同時に、サラが人質に取られていることをリンカーンに告げられ、ある男を脱獄させることと引き換えにサラを救おうと脱獄計画を練り始める。

リンカーン
画像: FOX

リンカーン・バローズ(演 ドミニク・パーセル)

息子のLJが人質に取られており、塀の外からマイケルの脱獄計画を手助けする。息子を人質に取った奴らとも幾度となく交渉を重ねる。

スクレ
画像: FOX

フェルナンド・スクレ(演 アマウリー・ノラスコ)

リンカーンに頼まれ、外部からマイケルの脱獄を手助けする。しかし、身元を偽っていることがバレてしまい、あとで大変なことになってしまう…。

ティーバッグ
画像: FOX

セオドア・ティーバッグ・バッグウェル(演 ロバート・ネッパー)

マイケルらと共にパナマの極悪刑務所SONAに入れられてしまう。ボスなど強者側について臨機応変に生き延びようとする。

ベリック
画像: FOX

ブラッド・ベリック(演 ウェイド・ウィリアムズ)

パナマの極悪刑務所SONAに入れられてしまう。刑務官時代とは違い威厳は全くなくなる。食べるものに困り、刑務所内で底辺として生き続けることに…。

マホーン
画像: FOX

アレクサンダー・マホーン(演 ウィリアム・フィクナー)

パナマの極悪刑務所SONAに入れられてしまう。元FBIなため格闘は強いものの、麻薬が切れてしまい中毒症状が現れる。

L.J.バローズ(演 マーシャル・オールマン)

リンカーン・バローズのひとり息子。グレッチェンらに捕まってしまい人質になってしまう。

ルチェロ
画像: FOX

ルチェロ(演 ロバート・ウィズダム)

パナマの極悪刑務所SONAのボスとして仕切っている。捕まる前は麻薬組織でボスだった。

サミー
画像: FOX

サミー(演 ローレンス・メイソン)

パナマの極悪刑務所SONAのボス、ルチェロの右腕。

ウィスラー
画像: FOX

ジェームズ・ウィスラー(演 クリス・ヴァンス)

パナマの極悪刑務所SONAに潜んでいる男。グレッチェンらは彼を脱獄させるべく、サラやLJを人質に取りマイケルに脱獄を頼む。

マクグレディ
画像: FOX

マクグレディ(演 カルロ・アルバン)

パナマの極悪刑務所SONAで暮らす男。バスケ好きでアメリカに憧れている。マイケルの良き協力者。

ソフィア
画像: FOX

ソフィア・ルーゴ(演 ダナイ・ガルシア)

パナマの極悪刑務所SONAにいるジェームズ・ウィスラーの恋人。彼を助けるべくリンカーンに近づく。

グレッチェン
画像: FOX

グレッチェン・モーガン(演 ジョディ・リン・オキーフ)

組織の人間。ウィスラーを脱獄させるべく、サラやLJを人質に取ってリンカーンを脅す。

紹介した13名のキャスト(登場人物)を含め、以下の記事では『プリズン・ブレイク』に出てくる全キャスト(登場人物)を紹介していますので、気になる方いましたらそちらをチェックです。

「誰がお気に入り?」のアンケートも常時実施中です!

刑務所から脱獄した8人の詳しい紹介記事もあります。

シーズン3を視聴する方法

『プリズン・ブレイク』シーズン3を視聴できる動画配信サービスはいくつかあります。

配信状況を一覧表にまとめて比較していますので、そちらを見てもらえると、どのサービスを利用すべきかは一目瞭然です。

比較表から一番のおすすめは?

ディズニープラスAmazondTVビデオマーABEMA
Hulu

U-NEXT

FODプレミアム

TELASA
Netflix
配信
(課金)
シーズン1◎
(見放題)
シーズン2◎
(見放題)
シーズン3◎
(見放題)
シーズン4◎
(見放題)
シーズン5◎
(見放題)
シーズン1△
(1話150円)
シーズン2△
(1話150円)
シーズン3△
(1話150円)
シーズン4△
(1話150円)
シーズン5△
(1話200円)
シーズン1△
(1話165円)
シーズン2△
(1話165円)
シーズン3△
(1話165円)
シーズン4△
(1話165円)
シーズン5△
(1話165円)
シーズン1△
(1話165円)
シーズン2△
(1話165円)
シーズン3△
(1話165円)
シーズン4△
(1話165円)
シーズン5△
(1話165円)
配信なし配信なし配信なし配信なし配信なし配信なし
字幕/吹替字幕/吹替字幕/吹替字幕/吹替字幕/吹替
月額料金990円500円550円550円
お試し期間30日間31日間初月

比較表から『プリズン・ブレイク』シーズン3の視聴にはDisney+ (ディズニープラス)がもっともおすすめです。

理由は、シーズン3を含め全シーズンが配信されていること。そして、1話ごとの課金が必要なく見放題に視聴できる唯一の配信サービスだからです。

Disney+ (ディズニープラス)以外のサービスは、月額料金にプラスして1話数百円の課金が必要になってしまい、無駄な出費が掛かります!

Disney+ (ディズニープラス)で視聴する

『プリズン・ブレイク』の視聴方法は、以下の記事で徹底的に解説しています。

Disney+ (ディズニープラス)の簡単な解説

Disney+ 解説
利用料金月額制:990円(税込)
年額制:9,900円(税込)
配信作品数約16,000
お試し期間なし
追加課金なし
画質4K/FHD
5.1チャンネル
Dolby Atmos
アカウント数7アカウント
ダウンロード機能あり
ペアレンタルコントロール機能あり

Disney+ (ディズニープラス)は、月額990円(年額制の場合は9,900円の年1回支払い)で、配信されている6ブランド、計16,000以上もの作品が見放題になる配信サービスです。

配信中の6ブランド
ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィック、スター

上記6ブランドに属する作品がすべて見放題!

以前は子供向けのアニメが多かったですが、最近は「スター」ブランドが加わったため、洋画や海外ドラマ、韓国ドラマなども配信されており、大人でも充分楽しめます。

Disney+ (ディズニープラス)は作品ごと(ドラマは1話ごと)の課金が一切ないため、利用料金以外にかかるお金は1円もありません!

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

こちらの記事は2022年8月時点の情報になります。常に最新情報を提供できるように心掛けていますが、配信が終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サイトの公式ホームページにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました