フォックスリバー8の犯罪歴と刑期

フォックスリバー刑務所から脱獄することに成功した「フォックスリバー 8」の過去の犯罪歴と刑期を簡単に紹介したいと思います。窃盗から殺人まで人それぞれです。

 

スポンサーリンク

 

✔︎ マイケル・スコフィールド(Michael Scofield

犯罪歴:武装強盗

刑期:懲役5年

兄リンカーンと同じ重警備刑務所フォックスリバーに入所するためにわざと銀行強盗を行い、その後、裁判を経てフォックリバーで服役することに。懲役は5年で刑期の半分を超えたら仮出所が認められる。


✔︎ リンカーン・バローズ(Lincoln Barrows)

犯罪歴:第一級殺人

刑期:死刑

レイノルズ副大統領の弟を殺害した容疑でフォックスリバー刑務所へ。その後裁判によって死刑が確定し服役中。


✔︎ フェルナンド・スクレ(Fernando Sucre)

犯罪歴:過重強盗

刑期:懲役5年

度々コンビニに強盗に入っていたが、仲間ヘクターの裏切りによって警察に通報されてしまい逮捕。過重強盗で刑期は5年。ちなみに刑期は後16ヶ月残っている。


✔︎ ジョン・アブルッチ(John Abruzzi)

犯罪歴:殺人二件、殺人謀議二件

刑期:懲役120年

アブルッチマフィアのボスで、殺人を犯した現場を元従業員のフィバナッチに証言されてしまい、フォックスリバー刑務所に投獄。刑期は120年とほとんど終身刑。


✔︎ ベンジャミン・マイルズ・フランクリン(Benjamin Miles “C-Note” Franklin

犯罪歴:盗品所持

刑期:懲役8年

元アメリカ陸軍で調達をしていたが、軍の拷問の違法性を上層部に報告しようとしたところ、突然不名誉除隊を言い渡されそのまま盗品所持でフォックスリバーへ。刑期は8年。


✔︎ セオドア・ティーバッグ・バッグウェル(Theodore T-bag Bagwell)

犯罪歴:誘拐・強姦・第一級殺人6件

刑期:終身刑

殺人を何度も犯している超凶悪犯。偶然テレビで指名手配犯として顔が載っていたティーバッグをホランダー夫人が見つけてしまい通報。終身刑でフォックスリバーへ。


✔︎ チャールズ・パトシック(Charles Patoshik)

犯罪歴:殺人

刑期:60年

サイコ野郎で刑期は60年。精神系統に異常があるため、フォックスリバー刑務所の中でも精神科棟に入所している。


✔︎ デイビッド・トゥイーナー・アポルスキス(David “Tweener” Apolskis)

犯罪歴:重窃盗罪

刑期:5年

たまたまレアな野球カードとは知らずに盗んだ結果、重窃盗罪でフォックスリバーへ。刑期は比較的軽く5年。

 

スポンサーリンク

 

Topページへ行く

関連記事